インプラント治療

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にインプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。口を開けたところを見ればほとんどの場合、インプラントが優位に立ちます。加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られるのが痛いところです。成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。第一に、費用は他の歯科治療より高額です。治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることもあり得ます。それから、治療が失敗すると、場合によっては取り返しがつかない健康被害が起きるというのも、デメリットの一つです。障害が残るばかりか、治療が原因で死亡することも過去にはありました。一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。相場は地域によって異なります。歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費には大きな開きがあります。複数の医院の費用を調べて比較検討し、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。チェック事項はいくつもありますが、まずインプラント治療経験者の口コミです。何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です