ごろ寝の体操で引き締め

ごろ寝体操でたるみが気になる部分を引き締め、効果的なダイエットができると注目されているようです。ごろ寝体操は、股関節や骨盤を正しい状態に戻すことで、ダイエット効果が出るように血液の流れをよくするものです。腹筋や胃を支える筋肉がしっかりするので、胃が正常な位置や大きさに戻り過剰だった食欲が正常になり、やせることができます。朝起きてからと、夜寝る前に行うだけで、だんだんとダイエット効果が現れます。単純に減量を目的とするのではなく、脂肪を燃やし適度な筋肉を形成するので、健康的に全身を引き締めます。ごろ寝体操は、肩や腰の凝りを解消し、頭痛を緩和するなど、様々な健康効果が得られる運動です。引き締め効果を得るには、朝と晩に2セット行うという習慣をつけることです。やりやすいこともごろ寝体操の利点です。あお向けの姿勢で寝て、足を30㎝ほど広げ、右の足を10㎝あげます。右足の足首をそらしたまま床と平行に30センチ開き、1秒止めます。足首は手前にしっかりとそらすのがポイントです。両足7回ずつ1セットです。足を上げるタイプの運動もあります。肩幅まで足を開いてあお向けに寝て、右足をできるだけ高く、斜め上に1秒上げます。できるだけ高い位置まで足を上げましょう。簡単な内容で、誰でもできる簡単な運動なので、引き締めダイエットをしたいという人にはぴったりの方法です。HMBで女性の筋力サポート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です